強い想いを最大限に活かすこと

IT企業に憧れているから、その企業で働くことを決意する方がいることでしょう。

IT企業に夢や希望が詰まっていると思っている方は、「俺もIT企業に携わって世の中に役立つことに着手してみよう。俺のITスキルならば、間違いなくIT社会に貢献できるはずだし、IT社会が俺を迎え入れているように感じる以上は、IT企業で使命を全うしていくべきだ」とIT企業に対する切実な想いを抱いていることが窺えるのです。

IT企業に憧れを抱いた瞬間から、その企業で骨を埋める覚悟を確固たるものにしているでしょうし、IT企業に寄せる想いの強さに応じて、IT社会を牽引していくほどの優秀な人材になろうとする意志力を強化していることが考えられるのです。

IT企業で成果を上げている方の多くは、その企業で自分の立ち位置を強化して、自分に協力してくれる人を引き寄せていることが窺えます。多くの人を取り込んでIT企業を成長させていこうとするのは、将来のIT社会に希望を抱いているからだと思い、進化したIT社会に憧れているからこそ、IT企業に全力投球できるのではないでしょうか。

憧れの気持ちから、いつしか活力溢れる想いを抱くようになる方がいることでしょう。憧れは、いわば好きになることと類似する感情であり、好きなことだからどこまでも頑張れるとおっしゃる方は、「興味のある仕事だから、時間を忘れるくらいに頑張れるんだ。好きな仕事を掘り下げていこうとするのは、それだけ今の仕事に誇りを持っているからだ」と思っていることでしょう。

これから先も、夢をもつことができた自分の喜びを噛みしめながら日々勉強を忘れずにやっていくでしょう。
もし、その夢がシステムエンジニアであれば「ベテランSEが教える「システムエンジニアになるには」」。それがゲームデザイナーであれば、ゲームデザイン関連の情報をという風に、突き詰めて学ぶ姿勢が何よりも素晴らしいものだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>